menu UberEats デリバリー フードパンダ 配達員の武器と防具

【ロゴ無しのデリバリーバッグをレビュー】ウーバーイーツの公式ウバッグそっくりで完成度高すぎた!

 

デリバリーサービスが増える中、Amazonではデリバリー社とは全く無関係の非公式バッグも増えました。

 

運営会社によっては他社のデリバリーバッグ使用を禁止されていたり、ウーバーのバッグを持ってると周りの視線が気になると言った理由でロゴ無しバッグは密かに人気ですよね。

 

ということで、現行型ウバックを使い古した僕の感想と比較を含めてロゴ無しデリバリーバックを写真多めでレビューしていきます。

 

僕が実際に買ってみたデリバリーバッグはこちら↓

アマゾンプライム価格:5,400円

ロゴなしデリバリーバッグはこんな配達員におすすめ!

  • シンプルで無字が好き
  • デリバリー社のロゴが苦手
  • ウーバーのバッグが高騰化されてて困ってる
  • ウバッグ持ってると周りの視線がストレス
  • 複数のデリバリー稼働するので他社のロゴを隠したい

 

この記事の信頼性


 

配達員A太
使いやすい現行型バッグとほぼ同じ作りですし、公式バッグが手に入らない時やロゴが嫌な人はコレを買えば間違いありません!

 

 

【開封レビュー】公式ウバッグとちょっと違う?

 

Amazonの箱を開けてみたら丁寧にビニール袋へ入れられた状態でした。

 

公式ウバッグを手に入れた時もこのようにトランスフォームしてましたね。

 

 

コピー品であるということを肝に免じて自己責任で購入したので正直開封するのが怖かったです。

 

最初からチャックが取れているんじゃないか?

変なニオイがあるんじゃないか?

虫が入ってるんじゃないか?

 

そんな疑いはあったけど特に問題ありませんでした。

 

 

バッグの中には立体型に組み立てるための仕切り版が入ってます。

 

何か公式ウバッグとちょっと違う気がするけどさっそく付属品をチェックしていきましょう。

 

 

【付属品レビュー】バッグを組み立ててみた!

 

バッグを組み立てるための板は全部でこんな感じ。

 

公式ウバッグの板の色は黒だったのでコピー品との違いでしょう。

 

公式ウバッグは板とバッグの中に「A」や「B」などと表記があって、購入者が組み立ての際に間違わないよう配慮がされています。

 

 

ウバッグでも定番のモバイルバッテリーが入る小物ポーチも健在。

 

僕はいらないかな。

 

板の色が違っていたものの、欠品はなかったので問題なく組み立てられそうですね。

 

ではバッグを組み立てていきます。

 

step
マジックテープのラインが2本入った断熱素材の板を底に敷く

 

これを最初に敷かないと他の板が入れにくいと思いますね。

 

バッグを広げながらバッグ底面のマジックテープにくっつけます。

 

step
同じ大きさの板2枚をバッグ両サイドに1枚ずつ入れる

 

すっぽりきれいに入るのでそんなに苦労しないかと思います。

 

step
一番大きい板を背中に当たる部分に入れる

 

板の形は正方形じゃないので、入れる向きを間違えると口が閉まりません。

 

ぱっと見じゃわかりにくいので口が閉まるか確かめながら入れると良いです。

 

step
一番細い板をバッグ正面に入れる

 

この部分がバッグの正面だと僕が勝手に思ってるだけなんだけどココです。

 

公式ウバッグでこんな部分にも板を入れましたっけ?ちょっと忘れました。

 

step
最後に余った板をバッグのフタに入れる

 

 

バッグの見た目に立体感が出てきたところでフタの部分に板を入れて完成です。

 

たまに街中で見る配達員の人でフタがふにゃふにゃで閉まってない人がいるけど、ここに板入れた方が良いかと思いますね。

 

 

無事にロゴなしデリバリーバッグの完成です。

 

どの板をバッグのどの部分に入れるのか、パッと見では分かりにくい印象でした。

 

プラモデル作った経験がある人は得意かもしれないけど、板を入れる場所が分かりにくくて苦戦する人もいるかもしれませんね。

 

次はバッグの外観や機能性を見ていきましょう。

 

配達員A太
お持ちの公式ウバッグと見比べてみてください!

 

アマゾンプライム価格:5,400円

 

ロゴなしデリバリーバッグの外観・機能性レビュー

 

配達員A太
見ての通りUberEatsのロゴが全くありません!

 

見た目とバッグの質感も公式ウバッグとほぼ同じでした。

 

非公式とは言え、僕みたいにシンプルで無字が好きな人には嬉しいですよね。

 

 

バッグの裏面にもおなじみのコレ。

 

バイクや自転車のキャリアに取り付けるためのものだとは思うんだけど、いまだに使ったことがないですね。

 

バッグ底面が地面に触れにくいものだと考えれば、まあ実用性が少しはあるんじゃないかと思います。

 

 

普通に背負っていれば公式ウバッグなのか、ロゴなしデリバリーバッグなのか判別できないほどそっくり。

 

 

やはりデリバリーバッグには背中にクッションがある方が腰への負担が減るので、非公式のバッグを買う時のポイントにすると良いですね。

 

ちなみにクッションのスポンジ?のような色が白く浮き上がっているのでちょっと安っぽい感じがしました。

 

 

バッグの中にはきちんとドリンクホルダーが4つありました。

 

破れたり取れたりしていなかったのでいつも通りドリンクは安心して運べそうです。

 

 

バッグの拡張も普通にできました。

 

良いシャクレ具合です。

 

 

チャックの不良もなくきちんと開け閉めができました。

 

ダブルピックや大量案件の重量に耐えてくれることを願っています。

 

 

こちらのチャックも問題ありませんでした。

 

普段ここまで開けることはないので僕はこの部分の拡張機能はいらないかなって思います。

 

雨の日はこのチャックの部分から浸水してくるので要注意ですね。

 

 

安定のメイドインチャイナでございます。

 

確か公式ウバッグのメーカーはスパルタンパックっていう会社だったと思います。

 

 

ウバッグでもこの仕切り板の使い勝手が悪いのは配達員の間でも有名。

 

使いにくい理由としては2つ。

 

  1. 強烈なマジックテープの力で張り付くので板の位置を変えにくい
  2. 板のてっぺんがバッグからはみ出してフタが閉まりにくい

 

公式ウバッグにも言えることなんだけど、バッグの中で少し傾けてフタが閉まりやすいようにするなどの工夫が必要です。

 

 

証拠に板を入れた状態でフタを閉めるとモッコリしてしまいます。

 

もしかしたらウバッグの弱点を克服されているのでは?と期待したけどダメでしたね。

 

ウバッグの弱点まで見事にコピーされていました。

 

配達員A太
次は実際に配達で使ってみた感想をまとめます!

 

 

実際にデリバリー稼働で使ってみた感想

 

感想をまとめ

コピーとは言え現行型ウバッグと保温性や使い勝手はほぼ同じ

結論;ウバッグ手に入らないならコレを買え!

 

防水性はまだ検証していないから分からないけど、自分のペットボトルを3時間入れてても水滴が付いているくらい品質保ってたことから、機能性も割と良いのではないかと思いました。

 

背負った感じの重さもバッグ紐のベルト調節も公式ウバッグを使ってた感覚と同じです。

 

公式ウバッグの良いところ悪いところもキッチリコピーされていたので逆に安心できましたね。

 

商業施設に入っても「ウーバーイーツだ!」と言われたり、周りの視線が気になることがなくなりました。

 

もちろん、バッグが人に当たらないように配慮しないといけないけど、ロゴが無い方が気疲れせずに精神衛生上は健康を保てるんじゃないかと思います。

 

配達員A太
余談ですが、前回使っていたウバッグは5,000回の配達でフタのマジックテープがダメになり、パカパカ開いてしまう状態になったので処分しました!

 

 

【注意点2つ】現行型ウバッグを使い古した僕が言えること

 

  • 弱点はフタのマジックテープが劣化しやすい
  • 相変わらず仕切り板の使い勝手は悪い

 

これは僕がウバッグを使って惜しかったと感じた部分であり、恐らくこのデリバリーバッグでも言えることであり注意点でもあります。

 

とにかくフタのマジックテープだけは長持ちさせたいですね。

 

 

弱点はフタのマジックテープが劣化しやすい

 

配達員A太
少しでも劣化を遅らせたいなら、上の画像にあるように取手を持つのは止めておきましょう。

 

これは公式ウバッグのフタが閉まらなくなって困った経験のある僕が言えることです!

 

やはりフタの部分がマジックテープ式になっているデリバリーバッグ最大の弱点は

マジックテープの劣化ですね。

 

消耗品みたいなものだから仕方ないとは思うんだけど、マジックテープがバカになると配達中にフタがパカパカ開いてフタに脳天を強打されるのです。

 

 

相変わらず仕切り板の使い勝手は悪い

 

先ほどのバッグ組み立ての時にも言ったことなんだけど、仕切り板はとにかく使い勝手が悪いので要注意です。

 

  1. 強烈なマジックテープの力で張り付くので板の位置を変えにくい
  2. 板のてっぺんがバッグからはみ出してフタが閉まりにくい

 

仕切り板とバッグ内の寸法が微妙に合っていないことが原因でしょう。

 

料理のサイズによって板の位置を変えるだけなのに、マジックテープが協力すぎてスムーズに配達が開始できないことが何度もありました。

 

フタが閉まらなかったら品質も保てないし、雨の日には浸水するリスク増大なので良いことがありません。

 

個人でバッグ内の緩衝材を準備したほうが生産性は良いでしょう。

 

 

【良かった点2つ】ウーバーの公式バッグが買えない時こそコレ!

 

  1. 背中に当たる部分がクッションなのは腰に優しい
  2. 保温性・防水性はしっかりしている

 

防水性はまだ検証していないので分かりませんが、ウバッグの防水性は非常に良かったので恐らくこのデリバリーバッグも防水性が素晴らしいのでは?といった妄想です。

 

使い勝手の良さもきちんとコピーされているので僕は満足していますね。

 

 

背中に当たる部分がクッションなのは腰に優しい

 

 

配達員A太
背負った時にクッション素材が背中にあるだけで腰への負担が減るよ!非公式のデリバリーバッグを選ぶ時のポイントにしましょう!

 

背負った時に体にフィットするデザインだと配達しやすいですよね。

 

ちょっと安っぽく見えるのは気のせいなのか、このクッションがあるだけでウバッグを背負ってるのと同じ感覚になれるので愛着が湧きました。

 

 

保温性・防水性はしっかりしている

 

数分ほどシャワーをかけてみた結果

めちゃくちゃ水を弾くほどの撥水性は見られないけど、中には浸水してませんでした。

 

水分補給用のペットボトルを3時間入れてみた

ぬるいわけでもなく程よい温度を保ってた

 

防水性ないのかよ!って思わせておきながら浸水を防いでくれるのは、ウバッグの良いところをコピーできているんじゃないかと思います。

 

さすがに長時間の雨には耐えられないので、防水カバーは別で準備した方が良いでしょう。

 

アマゾンプライム価格:5,400円

 

 

まとめ

 

配達員A太
公式ウバッグと見た目はほぼ同じで完成度が高く、良いとこ悪いところもコピーされていました!

 

注意点

  • 弱点はフタのマジックテープが劣化しやすい
  • 相変わらず仕切り板の使い勝手は悪い

 

良いところ

  1. 背中に当たる部分がクッションなのは腰に優しい
  2. 保温性・防水性はしっかりしている

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

-menu, UberEats, デリバリー, フードパンダ, 配達員の武器と防具

© 2021 飯を運んで飯を食うBlog Powered by AFFINGER5