UberEats

ウーバーイーツで『近くに配達パートナーがいません』と表示される対処法を専業配達員が解説

 

悩むA太

せっかくウーバーイーツで注文しようと思ったのに、近くに配達パートナーがいませんと表示されて注文できなかった!

原因とか解決法が知りたい!

 

よくあるウーバーイーツのユーザー(注文者)の悩みにお答えすべく配達員の僕が記事を書きました。

 

配達員A太
本記事を見るとこんなことが分かります!

 

ウーバーイーツで注文できない時の対処法

  • 他社デリバリーサービスを使う
  • 探せば注文できるレストランもある

ウーバーイーツで注文できない理由と原因

  • 【理由】単純に配達パートナーが少ない
  • 【原因①】報酬に不満がある配達員が辞めた
  • 【原因②】注文数が少ない地域は配達員が少ない
  • 【原因③】他社デリバリーサービスで稼働する人が増えた

 

この記事の信頼性

神戸エリアで配達スタートして2年経ちました。

おかげさまでレストラン・お客様から高評価を継続中!


 

配達員A太
それでは順番に解説して行きますね!

 

なぜウーバーイーツは当て逃げするほど交通マナーが悪いのか?配達員の僕が徹底解説します!

なぜウーバーイーツは当て逃げするほど交通マナーが悪いのか?配達員の僕が徹底解説します

  ウーバーイーツのアカウント永久停止〜解除までの復活劇の記事はこちら↓   悩むA太 ウーバーイーツ配達員の運転って本当に危ないよね! なんであんなに交通マナーが悪いの? &nb ...

続きを見る

 

【はじめに】ウーバーで注文できなくなる現象をSNSでは「ブラックアウト」と呼ばれる

 

ブラックアウトとは

注文可能時間内なのにアプリ上のレストラン画像が暗くなって注文ができない状態

 

ブラックアウト状態でアプリに表示されるパターンは2つあります。

 

  1. 近くに配達パートナーがいません
  2. ただいまご利用頂けません

 

この現象をツイッター上の配達員の間ではブラックアウトと呼ばれるようになりました。

 

それぞれのブラックアウトがどんな時に表示されるのか簡単にまとめますね。

 

ただいまご利用頂けません

  • 何らかの事情でウーバー運営が注文受付を止めている
  • 短時間でオーダーが配達員の数を上回った時

 

近くに配達パートナーがいません

単純に配達パートナーが足りていない

 

どちらにも共通して言えることは、オンラインしている配達パートナーが少ない認識で良いでしょう。

 

たまに配達員の僕も注文アプリをチェックしているんだけど、ブラックアウトする基準がはっきり分からないんですよね。

 

いずれにせよ、ブラックアウトは注文したい人と稼ぎたい配達員にとっては痛手ってことが確実に言えることです。

 

【運転中のイヤホンは違法?】ウーバーイーツ配達員がイヤホンをつけている本当の理由3つ

【運転中のイヤホンは違法?】ウーバーイーツ配達員がイヤホンをつけている本当の理由3つ

  公式ウバッグが手に入らなくてお困りの方はこちらのデリバリーバッグもおすすめ! 【ロゴ無しのデリバリーバッグをレビュー】ウーバーイーツの公式ウバッグそっくりで完成度高すぎた!   ...

続きを見る

 

【対処法①】他社デリバリーを使う

 

ブラックアウトしてしまってはぶっちゃけ解決策がありませんので、他社のデリバリーを使うか諦めるしかありません。

 

僕が知っているデリバリー社を7つまとめました。

 

  1. 出前館
  2. menu(メニュー)
  3. Wolt(ウォルト)
  4. フードパンダ
  5. DIDIフード
  6. チョンピー
  7. ドアダッシュ

 

知名度だと出前館、僕の個人的なおすすめはメニューとフードパンダですかね。

 

僕の感想にはなるんだけど、どれにも共通して言えることは神戸でも稼働している配達員が多い印象です。

 

ということは、都心部や他の地域でも稼働している配達員が多いのではないでしょうか。

 

配達員が多いということはマッチングが成立しやすいので、きちんとお届けしてくれるのが安心ですよね。

 

あくまで神戸エリアの僕個人の感想なので、地域によっては流行ってるデリバリーで稼働している配達員は違うかと思われます。

 

【脱サラして2年間ウーバーイーツの収入で生活した感想】専業配達員の働き方をおすすめできない理由5つ

【脱サラして2年間ウーバーイーツの収入で生活した感想】専業配達員の働き方をおすすめできない理由5つ

ウーバーイーツのバッグはAmazonで買えますが転売に注意   悩むA太脱サラしてウーバーイーツ配達員になりたい!   そう考える人に向けて ちょっと待った! きちんとリスクを把握 ...

続きを見る

 

【対処法②】ブラックアウトしてても注文できるレストランがある

 

今日は何もやる気になれない、ご飯を作る気力さえもない時こそデリバリーを使いたいですよね。

 

そんな時にブラックアウトしてたら残念でならないと思います。

 

しかし、よく探してみるとズラリとブラックアウトしている中で注文可能なお店がたまにあるんですよ。

 

仕組み

お店のスタッフがウーバーで注文された料理を届けてくれる

 

なので、近くに配達パートナーがいませんと表示されていても、根気強く検索してると稀に注文できるお店があるんです。

 

懸念されるポイントとしては

  • 数あるお店の中から自社で配達してくれるお店を探す手間がかかる
  • 常連じゃない限り自社スタッフがデリバリーをやっていることが分からない
  • たいていのユーザーは注文ができないことを知ったらアプリを閉じてしまう

 

このような点があるので、実際のところブラックアウトしてる状況でお店を検索してみないと分からない部分もあります。

 

自分が住んでいる地域はウーバーイーツしかなくて、どうしてもデリバリー注文したいって時は根気強くお店を探してみるのもアリですね。

 

【マック地蔵】配達員が解説します!UberEatsの人がマクドナルド前で待機する理由4つ

【マック地蔵】配達員が解説します!UberEatsの人がマクドナルド前で待機する理由4つ

  悩むA太ウーバーイーツ配達員はなんでマクドナルド前で待機してるの?   街中を歩いていたらふと疑問を持ったことがありますよね。   ツイッタートレンドにもなった「マッ ...

続きを見る

 

ブラックアウトしやすい日と時間帯

 

ブラックアウトは注文時間外やウーバー運営に事情がない限り、ほとんどの原因は配達パートナーが少ない・配達員より極端に多い注文数で発生します。

 

では、どのような場合に配達員より注文数が上回るのかをまとめました。

 

ブラックアウトしやすい状況

  • ウーバーイーツ注文受付終了に近い深夜帯
  • どしゃ降りの雨の日
  • オープンしたばかりの新エリア

 

なぜなら、深夜帯や雨の日は稼働したくないって思う配達員がいてオーダー数が普段の倍になるからです。

 

僕の経験上の話にはなるんだけど、新エリアがオープンすると

 

  • 初回割引クーポンがハガキでばら撒かれて注文が殺到する
  • 宣伝効果が薄くて注文が少ない
  • 配達員すらいなくてブラックアウトする

 

この3パターンのどれかでした。

 

ウーバーイーツの配達パートナーは、アプリのオン/オフだけでいつでも自由に好きな時間に働けるのが特徴です。

 

なので、ウーバー配達員がいないのは誰かの力で何とかなる状況ではありません。

 

このような感じだと遅延が出やすいしブラックアウトもしやすい状況だといえます。

 

【現役の専業配達員が解説】えなりかずきが言うウーバーイーツ(UberEats)で帰宅中に注文した料理は家に着く頃に届く?

【現役の専業配達員が解説】えなりかずきが言うウーバーイーツ(UberEats)で帰宅中に注文した料理は家に着く頃に届く?

  よく想像してほしい。   友人と駅前で会う約束をしたとしましょう。   同時にピッタリ待ち合わせ場所に到着できる可能性はどれくらい?   では質問の内容を変 ...

続きを見る

 

配達パートナーが減る原因

 

たまたま配達員が少なくて注文ができないっていう日もありますが、ウーバーイーツの配達員が離れていくことも理由の1つです。

 

そららを含めて原因を解説して行きますね。

 

 

注文が少ない地域は配達員がそもそも少ない

 

ウーバーイーツ配達パートナーの報酬は1件配達してもらえる歩合制です。

 

最低金額が300円に設定されていて、注文数・配達員の人数によって金額が変化する「ダイナミックプライシング」になりました。

 

元々注文数が少ないと判断された地域は報酬が低く、そこにオンラインしたいと思う配達員がいません。

 

配達員は稼ぎたくてオンラインしているわけですから、注文が少ない地域は人気が無いんですよね。

 

 

報酬に対して不満のある配達員が辞めた

 

ツイッター情報を見ていると、配達員が減ったと思われる原因は2つ。

 

  • 新料金システムになって1件配達しても最低金額の300円しかもらえないことに萎えた
  • 新料金になる前から配達距離が延びるほど1kmあたりの金額が安くなる料金形態に不満がある人が多かった

 

先ほど少し話しましたが、今年になってウーバーイーツ配達パートナーの報酬形態がダイナミックプライシングという仕組みになりました。

 

ダイナミックプライシングとは

  • 需要と供給によって料金が変わるシステム
  • ウーバーイーツでは配達員の報酬を最低金額300円に設定されオーダーの需要によって上がる
  • 需要がない時はずっと300円の日もある

 

身近な例だと、ホテルや飛行機の料金がわかりやすいかと思います。

 

ゴールデンウィークやお盆休みは旅行シーズンなので、ホテルや飛行機の料金が上がりますよね。

 

この元々あったダイナミックプライシングをウーバーが取り入れたわけです。

 

それによって需要がない日は報酬が下がるわけですから、不満を感じた配達員がオンラインしなくなりました。

 

 

他社デリバリーで稼働する人が増えた

 

ウーバーに不満を感じた配達員は、ツイッターを見る限り他のデリバリーサービスをメインに稼働している人が多い印象です。

 

僕が知っているデリバリーサービスを再度まとめておきますね。

 

  1. 出前館
  2. menu(メニュー)
  3. Wolt(ウォルト)
  4. フードパンダ
  5. DIDIフード
  6. チョンピー
  7. ドアダッシュ

 

最近知名度が上がってきたと個人的に思うサービスは、メニューとフードパンダだと思います。

 

ウーバー比較すると配達員の報酬も高いので、稼働している人が一気に増えました。

 

高い報酬が下がらない限りウーバーに戻ってくる人は少ないのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

配達員A太
最後に記事の内容をおさらいです!

 

ウーバーイーツで注文できない時の対処法

  • 他社デリバリーサービスを使う
  • 探せば注文できるレストランもある

ウーバーイーツで注文できない理由と原因

  • 【理由】単純に配達パートナーが少ない
  • 【原因①】報酬に不満がある配達員が辞めた
  • 【原因②】注文数が少ない地域は配達員が少ない
  • 【原因③】他社デリバリーサービスで稼働する人が増えた

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

-UberEats

© 2021 飯を運んで飯を食うBlog Powered by AFFINGER5