スマホ/格安SIM

【レノボのTab B10をレビュー】1万円台の激安タブレットをガジェットど素人が使い道を徹底検証!

画像引用元:レノボ・ジャパンより

 

スマホ以上パソコン以下っていう勝手な想像で、素人が初めてタブレットを使って色々やってみた感想を素人目線で徹底レビューしたい。

 

1万円台で買える激安タブレットの実用性はどんなものなのか?

 

ということで、レビュー用にレノボさんから借りた格安タブレット"Tab B10"の実用性を専門用語無しの素人目線で解説していく。

 

素人目線の当レビュー記事を読めば分かること

  • Tab B10の外観とスペック
  • Tab B10を使ってできること・できないこと
  • Tab B10をおすすめできるユーザー

 

レノボ公式オンラインストアでは色んなタブレットやパソコンがセールで安くなってるので是非チェックして欲しい。

 

3/27日まで!レノボでは最大65%OFFの年度末決算セールを開催中!

画像引用元:レノボ・ジャパンより

レノボ公式オンラインストア

 

大画面で低容量コンテンツを楽しみたい人はあり

画像引用元:レノボ・ジャパンより

 

やはり価格が安いタブレットということで、それなりの性能だということは買い手が理解しておくべきことなんだ。

 

いきなりの結論なんだけど、色んなアプリをダウンロードしたり高品質のコンテンツを楽しむには無理があると言ったところ。

 

レノボのタブレット"Tab B10"はこんな方にピッタリ!

  • ユーチューブや読書を楽しみたい
  • ちょっと軽いゲームをしたい
  • 軽いコンテンツを家族間で使い回したい

 

Tab B10で可能なこと

  • ユーチューブ鑑賞
  • Amazon Kindleで読書
  • 容量軽めのアプリゲーム
  • ネットサーフィン
  • 遊び程度の写真撮影

 

Tab B10では無理がある

  • Amazonプライムビデオ
  • 3Dゲームのアプリ

 

自宅にWi-FiさえあればSIMを契約しなくても使えるし本体価格も安いし、ユーチューブが好きな子供に買うならぴったりだと思う。

 

次はTab B10の外観と性能をみていく。

 

 

Tab B10の外観のレビューと性能紹介

 

レノボのTab B10は家庭用のエンターテインメントを気軽に楽しむことをウリにしたタブレットなんだ。

 

レノボさんから借りたTab B10の性能は下記にまとめた。

 

レノボ公式価格 14,784円
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 429
メモリ/ストレージ 2GB/16GB
カメラ性能 アウトカメラ500万画素 / インカメラ200万画素
本体サイズ 243.2x169.2x8.45mm
重さ 480g
バッテリー量 4850mAh
発売日 2020年9月15日
付属品 説明書、ACアダプター(タイプA)、USBケーブル、Micro SDカード取り出しツール
ディスプレイサイズ 10.1インチ

 

ある程度スマホやタブレット端末の知識がある人から見ると物足りない性能なんだけど、価格が1万4千円という安さの裏返しにもなるのでライトユーザー向けだ。

 

背面の見た目はというと、外観の手触りは艶なしのカラーリングでシンプルな見た目になっている。

 

 

OSはAndroid9.0搭載でディスプレイサイズは10.1インチ。

タブレットの中では平均的なサイズだと思う。

 

 

サイズを身近なものと比較すると、500mlペットボトルドリンクの縦の長さとほぼ同じだった。

 

 

カメラの画質は外側が500万画素なので、最近のiPhoneのようにレンズの出っ張りがなくスマートな仕上がりだ。

 

カメラの画質こそ期待できないものの、レンズが飛び出てないようなレトロな感じは個人的には好き。

 

音量と電源ボタンはタブレット短面の左側にある。

 

左:音量 右:電源

 

逆に右側にはSIMスロットがあるので、カードを挿入すれば外でも使うことが可能。

 

 

SIMスロットの隣にUSBタイプAの差込口があるのでここから充電をするといった感じ。

 

 

ここがタイプCじゃなかったのは個人的にマイナスポイント。

 

普段使ってるパソコンもスマホも全部タイプCなので、充電する時にケーブルを変えないといけないのが手間だった。

 

外観〜性能を簡単にレビューするとこんな感じなので、次は実際に色んなことに使って検証していく。

 

 

Tab B10の性能を5つに分けてチェック!

 

やっとこさ本題ということで、大半のユーザーが気にするであろう端末の実用性に重要な5つのことを実際に使って検証する。

 

動作チェックで検証するのは下記の5つだ。

 

検証内容5つ

  1. SNS観覧
  2. 動画・読書のコンテンツ
  3. アプリゲーム
  4. カメラ性能
  5. バッテリー持ち

 

動画じゃないのでなかなか伝わりにくいかと思うけど、写真付きで検証結果を述べていく。

 

SNS観覧

 

普段はスマホで見ているツイッターも大画面のタブレットだとなかなか新鮮な眺め。

 

投稿内容に動画や高品質のコンテンツじゃなければ普通に見ることができた。

 

 

連続で下にスクロールしすぎると、読み込みで画面がカクつく場合もあるのは注意点かもしれない。

 

動画・読書のコンテンツ

 

僕が好きなユーチューブ動画を含め検証したコンテンツは下記の3つ。

 

  1. ユーチューブ動画
  2. Amazonプライムビデオ
  3. Amazon Kindle

 

結論はAmazonプライムビデオだけはなぜか読み込みに時間がかかったり、途中でアプリが落ちたりとストレスが溜まる結果になった。

 

 

ただ、僕が大好きなユーチューブ動画と Kindleでの読書は普通に楽しめた。

 

 

最近流行りの鬼滅の刃も親指1つでスラスラと読めたので個人的には読書が一番快適かもしれない。

 

 

分厚くて重い雑誌のページを1枚ずつめくる労力がゼロになった快感に感動したオジサンは僕である。

 

アプリゲーム

 

今でも有名なパズドラを1時間ほどプレイしてみた。

 

プレイ中にカクカクしたりアプリが落ちたりすることがなく、スマホじゃない大画面でのプレイは普通に快適に楽しめる。

 

ただし、3Dゲームはインストールの段階でデータ容量が不足し中断せざるを得ない結果に。

 

 

本体のストレージは16GBなのでダウンロードコンテンツは容量を気にしないといけないし、パズドラと同じくらいのゲームしかできないということなんだ。

 

カメラ性能

Tab B10で撮影

 

スマホ(Xiaomi Redmi note 10Pro)で撮影

 

タブレットの市場価値はカメラではないという結果が明らかだ。

 

撮影に使ったデバイスのメインカメラの画質は下記。

 

Tab B10 500万画素
Xiaomi Redmi note 10Pro 1億800万画素

 

写真を見ればわかる通り、イチゴのつぶつぶの鮮明さの写り方が全然違う。

 

Tab B10だけに言えることではないと思うけど、やはりタブレットの市場価値はカメラじゃない。

 

バッテリー持ち

 

Tab B10のバッテリー容量は4850mAhで、2022年に発売されている最新スマホでも4000〜5000mAhだということを考えると数値上そこそこな感じだと言える。

 

それらを踏まえて検証した内容は下記。

 

検証内容

  • バッテリー100%からユーチューブの色々な動画を高画質で1時間再生
  • 結果→1時間でバッテリー量11%使用

 

検証は1時間ユーチューブ動画を高画質で流すだけのシンプルな内容だけど約11%のバッテリー消費した。

 

単純計算すると約9時間は連続でユーチューブを見ることが可能ということで、ユーチューブ大好き人間にはたまらない結果ではないだろうか。

 

 

Tab B10でできること・できないこと

 

先ほどの性能チェックでTab B10でできること・できないことがハッキリしたところでまとめてみよう。

 

Tab B10で可能なこと

  • ユーチューブ鑑賞
  • Amazon Kindleで読書
  • 容量軽めのアプリゲーム
  • ネットサーフィン
  • 遊び程度の写真撮影

 

Tab B10では無理がある

  • Amazonプライムビデオ
  • 3Dゲームのアプリ

 

ユーチューブ動画や読書、パズドラくらいのコンテンツを遊ぶレベルでの実用性ってことなんだ。

 

ストレージが16GBってことを考えて使い所を決めておけば低コストでコンテンツを楽しめるタブレットだろう。

 

 

Tab B10にピッタリの人は子供含むライトユーザー向け

 

Tab B10を使って色々なコンテンツを試した僕の率直な感想なんだけど、パソコン無しでちょっと大きめの画面でコンテンツを楽しみたいライトユーザーや子供にはぴったりな機種だ。

 

  • ユーチューブや読書を楽しみたい
  • ちょっと軽いゲームをしたい
  • 軽いコンテンツを家族間で使い回したい

 

このように「ちょっと」何かしらのコンテンツを家庭で楽しみたい人は1万円台のタブレットでも十分な実用性がある。

 

ほとんどの家庭には自宅にWi-Fiがあると思うので、SIMを契約する必要がなく子供に買い与えるなら1万4千円の負担だけで済む。

 

レノボ公式オンラインストアでは色んなタブレットやパソコンがセールで安くなってるので是非チェックして欲しい。

 

3/27日まで!レノボでは最大65%OFFの年度末決算セールを開催中!

 

まとめ

 

最後にレノボの激安タブレット"Tab B10"の性能と僕がレビューした内容をおさらい。

 

画像引用元:レノボ・ジャパンより

 

レノボ公式価格 14,784円
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 429
メモリ/ストレージ 2GB/16GB
カメラ性能 アウトカメラ500万画素 / インカメラ200万画素
本体サイズ 243.2x169.2x8.45mm
重さ 480g
バッテリー量 4850mAh
発売日 2020年9月15日
付属品 説明書、ACアダプター(タイプA)、USBケーブル、Micro SDカード取り出しツール
ディスプレイサイズ 10.1インチ

 

レノボのタブレット"Tab B10"はこんな方にピッタリ!

  • ユーチューブや読書を楽しみたい
  • ちょっと軽いゲームをしたい
  • 軽いコンテンツを家族間で使い回したい

 

Tab B10で可能なこと

  • ユーチューブ鑑賞
  • Amazon Kindleで読書
  • 容量軽めのアプリゲーム
  • ネットサーフィン
  • 遊び程度の写真撮影

 

Tab B10では無理があること

  • Amazonプライムビデオ
  • 3Dゲームのアプリ

 

レノボ公式オンラインストアでは色んなタブレットやパソコンがセールで安くなってるので是非チェックして欲しい。

 

3/27日まで!レノボでは最大65%OFFの年度末決算セールを開催中!

 

-スマホ/格安SIM

© 2022 飯を運んで飯を食うBlog Powered by AFFINGER5