UberEats バイクのこと

【バイクでデリバリー稼働するデメリット5つと対処法】注意点やリスクをウーバーイーツ専業2年の配達員が答えます!

【雨対策】バイクに乗るならモンベルのレインダンサー!ウーバーイーツ配達で雨の日にガチるレインコートがやばい!

  7千円と1万円のレインコートもすぐに浸水に遭ってバイク乗りのカッパ選びで失敗しまくって、ゴアテックスという最高級素材のレインコートに巡り会えました。   アウトドアブランドのモ ...

続きを見る

【雨対策】バイクに乗るならモンベルのレインダンサー!ウーバーイーツ配達で雨の日にガチるレインコートがやばい!

 

デリバリーでのバイク稼働は地形、ロング、坂道が楽ちんで安定的に稼働できるのが強み。

 

その反面、常に危険と隣合わせな上に金銭的負担が多く、止まらないガソリン価格値上げに発狂してます。

 

ということで、デリバリーをバイクで稼働する際のリスクをまとめました!

 

デリバリーでバイク稼働する時のデメリット5つ

  • 維持費にガソリン代に整備に金!金!金!
  • ついやってしまいがちな違反と罰金が痛い
  • 転倒したら重症or天使、軽症は奇跡
  • 幅寄せと煽り運転に遭いやすい
  • ながらスマホ一般人歩行者とチャリが脅威

 

この記事の信頼性


 

 

【はじめに】日用品の大量案件が増えて安全面にも問題あり

 

コロナで外出が自粛された影響もあってデリバリーサービスでは日用品の配達が増えました。

 

  • フードパンダではスーパーのような品揃えがある自社のパンダマート
  • Uberではローソン、KYOHOやマックスバリュなどのスーパー

 

配達員A太
日用品はかなりの確率で大量の案件だったりするので重みで走行中のバランスがめっちゃ悪いんだわ!

 

そしてウーバーイーツは配達員の報酬形態をダイナミックプライシングに移行し、最低金額は300円に設定され需要によって上がるという仕組みになりました。

 

300円近い報酬で10kg近い商品を運ぶこともあり、中には明らかに報酬と見合わないような量も・・・

 

 

 

このような現状で生卵やペットボトル飲料もあってスーパーマーケットやコンビニ案件は力仕事になりつつありますね。

 

 

危険度はアップするけどデリバリーで使うなら燃費が良いバイクに乗った方がいいです。

 

デリバリーで使えるHONDAの51〜125ccバイクを燃費順にまとめた記事はこちら↓

【2021年HONDAの原付二種】デリバリーで使える51cc〜125ccバイクの燃費ランキング13選と価格.comの燃費満足度まとめ

【雨対策】バイクに乗るならモンベルのレインダンサー!ウーバーイーツ配達で雨の日にガチるレインコートがやばい!     悩むA太デリバリーで使うバイクはどんなのがいい?   ...

続きを見る

 

【本題】バイクでデリバリー稼働する時のデメリット5つ

 

  1. 維持費にガソリン代に整備に金!金!金!
  2. ついやってしまいがちな違反と罰金が痛い
  3. 転倒したら重症or天使
  4. 幅寄せと煽り運転に遭いやすい
  5. 一般人歩行者とチャリが脅威

 

デリバリー稼働はバイクがおすすめな理由6つを力説した記事はこちら↓

【ウーバーイーツなどデリバリー稼働はバイクがおすすめな理由6つ】専業2年のUber配達員がお答えします!

【雨対策】バイクに乗るならモンベルのレインダンサー!ウーバーイーツ配達で雨の日にガチるレインコートがやばい!   ウーバーイーツ配達をバイクでスタートして2年半、専業歴2年のうち自転車稼働1 ...

続きを見る

 

維持費にガソリン代に整備に金!金!金!

 

配達でバイクの出費を抑えるには?

  • アクセルを回しすぎない
  • なるべくロングを取らない
  • 排気量の多い車両に乗らない

理由→排気量が多いほどガソリン代・税金・保険料が増えるから

 

僕の場合だと毎月だいたい1〜2万円くらいで、部品の交換などが積み重なれば3〜4万飛ぶこともあります。

 

バイクで稼働した場合に支払うべき費用は以下の通り。

 

発生時期
自賠責保険125cc 1〜5年後に更新
任意保険125cc 毎月
軽自動車税125cc 年に1回
ガソリン代 毎日
オイル交換 月に2〜3回
ブレーキパッド交換 不定期
タイヤ交換 不定期
チェーン交換 不定期
その他エンジン周りなど消耗した箇所 不定期

 

自賠責と税金は義務で共通です。

 

自賠責保険料

125cc以下 126cc〜250cc 250cc超
60ヶ月 13,980円 16,220円 -
48ヶ月 12,300円 14,110円 -
37ヶ月 - - 11,390円
36ヶ月 10,590円 11,960円 11,230円
25ヶ月 - - 9,440円
24ヶ月 8,850円 9,770円 9,270円
13ヶ月 - - 7,440円
12ヶ月 7,070円 7,540円 7,270円

 

軽自動車税

原付(ミニカー) 3,700円
50cc以下 2,000円
51cc〜90cc 2,000円
91cc〜125cc 2,400円
126cc250cc 3,600円
250cc超 6,000円

 

オイル交換が終わったと思いきや次はブレーキがやばいことに気がつき、いつの間にか高騰するガソリン価格。

 

 

やっと確定申告が終わったと安心したら軽自動車の支払い通知に発狂。

 

常に金を払っているイメージです。

 

バイクも走れば走るほど金もかかってくるので、クエスト消化とはいえなるべくクソ安い金額のロングは避けたいところですね。

 

 

ついやってしまいがちな違反と罰金が痛い

 

配達員がやってしまいがちな違反

  • 一時停止
  • 変わる寸前の赤信号直進
  • 二段階右折
  • 駐車違反
  • 歩行者妨害
  • スピード違反

 

どれか1つでも違反して罰金を喰らうと1日稼いだ収入が半分以上吹っ飛びます。

 

 

ちなみに僕が個人的に回避が難しいと思う違反は駐禁ですね。

 

駐禁を回避するには?

  • 道路ではなく建物の敷地内は駐禁を食らわないので停めるなら敷地内
  • 緑のおじさん(駐車監視員)を追い払えるような自分の目が届く場所

 

ドロップ時は業者用入り口の車両置き場があればそこに停めてお届けに向かいましょう。

 

ピックとドロップでバイク置き場が無い時は駐禁覚悟で突破するしかありません。

 

特に配達中にドライバーが困惑する事情を挙げると・・・

  • 駐禁は違反だけど駐禁じゃない場所なんてほぼ無いに等しい
  • 駐禁を真面目に避けていたら「配達」の仕事が成り立たない

 

配達員A太
頭では駐禁が違反だと分かっているし、駐禁を喰らいたくないと葛藤しながらドキドキするんだわ〜

 

5分くらいここに停めても大丈夫だろう、別に交通を妨げるような場所じゃないし大丈夫でしょ

そんな軽い気持ちでバイクに戻ると黄色いチケットに発狂するも時すでに遅し・・・

 

 

自分の能力値でどうにもならない状況ってキツいですよね。

 

 

転倒したら重症or天使、軽症は奇跡

 

事故を回避するために

  • なるべく道路の左を走る
  • バス、タクシーには近づかない
  • スピードを出さない
  • どうぞどうぞ抜いて行ってくださいって気持ちで運転する

 

配達員A太
車がビュンビュン走る道路で転倒したらオシマイですよ!

 

自分ができる限り精一杯の安全運転をするしか方法がありません。

 

 

仮に配達中に事故してしまってはデリバリー運営からアカウント停止を喰らうので、軽症だったとしても安心できないところ。

 

客から遅いと言われようがバッドされようがまずは安全第一。

 

 

幅寄せと煽り運転に遭いやすい

 

幅寄せと煽りの対処法

【幅寄せ】

  • どうぞどうぞ抜いて行ってくださいって気持ちで運転する

【煽り運転】

  • すぐに路肩(左端)に停車する
  • 絡まれたら警察に連絡、証拠としてこっそり録音・撮影する

 

配達員A太
配達員っていうだけで道路上でも軽視してくるようなバカが一定数いるんです・・・

 

バカを回避するのは駐禁以上に難しいのでうまくスルーするしかありません。

 

 

ながらスマホの一般人歩行者とチャリが脅威

 

事故を避けるためには?

  • それぞれの地域の民度を知る
  • 一時停止じゃなくても止まる、徐行する

 

配達員A太
ながらスマホで両耳イヤホンの一般人に信号無視で飛び出しされると回避の余地が無いんだわ〜

 

たとえ相手が危険行為をしていたとしても、バイクで接触した場合の事実に対して法律上の責任を問われます。

 

これでもかってくらい気をつけて運転したとしても人間の能力値で回避できない事故に具体的な対処法がありません。

 

 

アホと遭遇しないことを祈りましょう・・・

 

 

まとめ

 

配達員A太
デリバリーでバイク稼働する時のデメリットと対処法をまとめました!

 

デリバリーでバイク稼働する時のデメリット5つ

  • 維持費にガソリン代に整備に金!金!金!
  • ついやってしまいがちな違反と罰金が痛い
  • 転倒したら重症or天使、軽症は奇跡
  • 幅寄せと煽り運転に遭いやすい
  • ながらスマホ一般人歩行者とチャリが脅威

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

-UberEats, バイクのこと

© 2021 飯を運んで飯を食うBlog Powered by AFFINGER5